病院紹介

概要

医療理念・診療の基本方針

医療理念

地域医療の第一線を担う病院であることを誇りに持ち、

◎いつでも、どなたでも診療いたします。

◎常に親切・安心・質の高い医療の提供を心がけ、事故の無い病院をめざします。

診療の基本方針

◎患者さんの訴えをよく聞いて、診療内容をわかりやすく説明し、患者さんの意思を尊重した、最善の医療を提供します。

◎地域の医療機関・介護施設・在宅関連機関との連携を大切にして、救急患者さんを積極的に受け入れます。

ページの最初に戻るボタン

患者様の権利

「患者様の権利」について
当院は、下記の「患者様の権利」に基づいて診療を致します。

良質の医療を受けられる権利
  • すべての人は、差別なしに適切な医療を受ける権利を有する。
  • すべての患者様は、いかなる外部干渉も受けずに自由に、臨床上および倫理上の判断を行うことを認識している医師から治療を受ける権利を有する。
  • 患者様は、常にその最善の利益に即して治療を受けるものとする。患者様が受ける治療は、一般的に受け入れられた医学的原則に沿って行われるものとする。
  • 患者様は、医療を継続して受ける権利を有する。
医療者を自由に選択できる権利(選択の自由の権利)
  • 患者様は、担当の医師、病院、或いは保健サービス機関を自由に選択し、変更する権利を有する。
  • 患者様はいかなる治療段階においても、他の医師の意見を求める権利を有する。
自己決定する権利
  • 患者様は、自分自身に関わる自由な決定を行うための自己決定の権利を有する。
  • 精神的に判断能力のある成人患者様は、いかなる診断上の手続きないし治療に対しても、同意を与えるかまたは差し控える権利を有する。
  • 患者様は、真実を知ることを放棄する権利(知りたくない権利)を有する。
  • 患者様は医学研究あるいは医学教育に参加することを拒絶する権利を有する。
自己に関する情報が提供される権利
  • 患者様は、いかなる医療上の記録であろうと、そこに記載されている自己の情報を受ける権利を有し、また、症状についての医学的事実を含む健康状態に関して十分な説明を受ける権利を有する。
  • 患者様は、必要があれば自分に代わって情報を受ける人を選択する権利を有する。
秘密が保持される権利
  • 患者様の健康状態、症状、診断、予後および治療について、個人を特定しうるあらゆる情報、並びにその他個人のすべての情報は、患者様の死後も秘密が守られなければならない。
  • 秘密情報は、患者様が明確な同意を与えるか、あるいは法律に明確に規定されている場合に限り開示することができる
判断に必要な医学的な情報が提供される権利
  • 患者様がそれ以後の自己決定ができるために、必要十分な説明が提供される権利を有する。
  • 説明されるべき内容は、 @患者様の現在の医学的状態
    A予後を改善するかもしれない介入
    B患者様が選べる他の選択肢についての医師としての意見
    C医師の最善の臨床的判断にもとづく勧告 など
人間としての尊厳が守られる権利
  • 患者様は、その文化および価値観が尊重されるように、その尊厳とプライバシーを守る権利は、医療と医学教育の場において常に尊重されるものとする。
  • 患者様は、最新の医学知識に基づき苦痛を緩和される権利を有する。
  • 患者様は、人間的な終末期ケアを受ける権利を有し、またできる限り尊厳を保ち、かつ安楽に死を迎えるためのあらゆる可能な助力を与えられる権利を有する。

(『患者の権利に関するWMAリスボン宣言』より一部抜粋 ※宣言等の日本語訳は「日本医師会」訳)

ページの最初に戻るボタン

患者様の責務

「「患者様の責務」について

医療提供者へ正確な情報を提供するとともに、疾病や医療を十分理解する責務

患者様はだれでも、医療提供者が的確な判断を行えるよう、自らの健康に関する情報をできる限り正確に医療提供者に伝える責務があります。
また、納得できるまで質問をするなどして自らの疾病や医療について十分理解する責務があります。

医療に積極的に取り組む責務

患者様はだれでも、検査や治療について納得し合意した方針に意欲を持って取り組む責務があります。

快適な医療環境づくりに協力する責務

患者様はだれでも、他のすべての患者様が快適な環境で医療が受けられるよう、病院内の規則やマナーを守る責務があります。

社会的ルールを守る責務

患者様はだれでも、社会的なルールを遵守し、他の患者様のプライバシーや権利を尊重し、また、医療費を適正に支払う責務があります。
また、いかなる理由があろうとも他の患者様や医療従事者への暴言・暴力行為は許されません。

ページの最初に戻るボタン