-->

病院紹介

付き添い・面会について

平成22年4月1日より入院医療費の計算方法が変わりました

当院は平成22年4月1日より厚生労働省の「包括評価(DPC)方式」へ移行いたします。

従来の医療費は、診療行為ごとに計算する「出来高方式」でしたが、新しい「包括評価(DPC)方式」では患者さんの疾患等により、国で定められた1日あたりの定額部分と一部出来高部分を基本とし医療費を計算します。

1日あたりの定額の点数は、診断群分類(1,440種類)と呼ばれる区分ごとに入院日数に応じて定められています。

この1日あたりの定額の点数に含まれるのは入院基本料や検査、投薬、注射、画像診断などです。手術や麻酔、一部の高度な検査の手技料などについては、従来どおり「出来高払い方式」で計算されます。

ご確認ください!
  • 症状の経過、治療内容により従来の出来高方式の計算方法になる場合や、前月に遡って医療費が変更になる場合があります。
  • 高額療養費の取り扱いは従来どおり変更はありません。
包括評価(DPC)方式のチャート図

 

ページの最初に戻るボタン

包括評価(DCP)方式のQ&A

Q1 すべての入院患者さんがこの制度の対象となるのですか?

A1 患者さんの病名や診療内容により、包括金額が定められていないものもあります。
その場合出来高方式により医療費を計算します。また、一定の入院期間を超えた場合、労災保険、自賠責保険、自費も出来高方式になります。

Q2 なぜこのような制度に変わるのですか。

A2 単なる支払い方式の改革だけでなく、良質な医療、効率的な医療、医療の標準化を図るために実施されるものです。

Q3 この制度で医療費は高くなるの?それとも安くなるの?

A3 従来通りの計算方式と比べて病名や診療内容により、高くなる場合もあれば、安くなる場合もあります。この計算方式では、入院期間(日数)・病名に応じて段階的に1日当たりの医療費が変わる仕組みになっています。

Q4 入院中の食事料も変わるのでしょうか?

A4 食事料は変更ありません。従来通りの金額をご負担いただくようになります。

Q5 投薬・注射はすべて包括となるのですか?

A5 原則包括となりますが、退院時の処方は出来高となります。

Q6 入院時の病名から途中で病名が変わった場合はどうなるのですか?

A6 入院当初に病名がはっきりしない場合には、「疑いの病名」でまず支払い金額を決定します。検査や治療が進むにつれて途中で病名が決定(変更)した場合は、入院当初に遡って医療費の計算をやり直します。そのため、退院時等に前月までの支払い額との差額調整を行う場合がありますのでご了承ください。

Q7 もっと詳しく教えてほしいのですが、どこに聞けばいいのですか?

A7 病院1階の医療サービス課・入院係まで、お気軽にお問い合わせください。

ご不明な点がございましたら、医療サービス課・入院係まで
お問い合わせください。

ページの最初に戻るボタン